森養魚場の鮎について

MORI NO AYU

​もりのあゆについて

​国内鮎養殖​

No.1

森養魚場は、業界でも珍しい、稚魚の孵化から成育、出荷までのすべてを自社で行う完全養殖、そして食感が愉しい「子持鮎」の安定供給にもこだわってきました。長年培ってきた経験と技術、そして「清流の国ぎふ」の豊かな恵みを活かし、愛情と情熱をもって日々鮎を育てています。もっともっとたくさんの人を笑顔にするため、わたしたちは歩み続けます。

※①森養魚場の20年度生産量:760トン
 ②養殖鮎の20年度都道府県別生産量(水産庁統計):1位:愛知1,189トン、2位:岐阜906トン
※参考URL: https://www.e-stat.go.jp/ 内、「令和2年、内水面養殖業収獲量・都道府県別・魚種別収穫量」より(森養魚場調べ)

morinoayu02.png
森養魚場の養殖技術

FEATURES

プロフェッショルの養殖技術

私たちは50年以上、愛情をもって鮎を育ててきました。鮎と直接会話することはできませんが、養殖のプロフェッショナルたちが毎日粘り強く観察し、丁寧に育てています。わが子を大切に育てる。そんな気持ちで育てています。

001

morinoayu_top2.png

FEATURES

完全養殖技術

私たちは人工孵化から成育、出荷まで全てを自社で行う完全養殖をおこなっています。お客様が安心して召し上がれる安全な鮎をお届けできるよう、環境と水産資源の持続性に配慮した養殖にこだわっています。

002

morinoayu_top3.png

FEATURES

子持鮎の安定生産

業界屈指の規模と確かな技術力を兼ね備えているからこそ実現できる、子持鮎の安定生産。プチプチとした触感が愉しめる子持鮎の魅力を一人でも多くの方に届けることで、お客様の食生活を少しでも彩り、豊かにすることができれば幸いです。

003