検索

「清流の国ぎふ」で全国トップクラス※の生産量を誇る鮎養殖企業森養魚場が新たにブランドロゴを策定、企業サイトを開設

更新日:7月6日

2022/4/12 (火) 





 弊社のブランドロゴ策定および企業サイトの開設につき、プレスリリースを発信いたしました。


 「清流の国ぎふ」。その岐阜県の県魚である「鮎」。

 県内3カ所に養魚場を構え、全国トップクラス※の鮎養殖企業であるヨシムラ・フード・ホールディングスグループの株式会社森養魚場(本社:岐阜県大垣市、代表取締役:田村栄規)が、これまで以上に「もりのあゆ」の魅力を伝えていくべく新たにブランドロゴの策定、また情報発信を積極化するために企業サイトを開設いたしました。

 ※①森養魚場の20年度生産量:760トン ②養殖鮎の20年度都道府県別生産量(水産庁統計):1位:愛知1,189トン、2位:岐阜906トン

 参考URL: https://www.e-stat.go.jp/ 内、「令和2年、内水面養殖業収獲量・都道府県別・魚種別収穫量」より(森養魚場調べ)



PR TIMES

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000064403.html




森養魚場は全国トップクラスの生産量を誇る鮎養殖事業者であり、日本全国のみならず海外へも高品質な鮎を養殖・販売しております。今後も安心・安全かつ高品質な鮎を安定して市場供給できるよう努めて参ります。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示